大便法典13

看護婦姿のかわいい女の子が恥じらいながら便器にまたがり太い一本糞を排便。また別の日、排便しようとするが、うんこが太すぎて肛門に引っかかり出てこない…!しかたなく浣腸し指でほじくり出す事に…。しかし、3回目の日、ガラステーブルの上で見事な自然糞を排便する。